ヘッドラインニュース

日本ゼラチン工業組合、コラーゲンペプチド規格を制定

 日本ゼラチン工業組合(03・6667・8251)は18日、都内で記者会見を行い、コラーゲンペプチドの自主企画制定を明らかにした。同組合によると、コラーゲンペプチドの販売量は年々増加しており、組合加盟社の18年度実績は約3400トンに達している。→続きは『健康産業速報』第1146号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 経産省、健食などの連鎖販売業者に業務停止命令
  2. アンチエイジング実践派、女性の3人に1人 「CoQ10等摂取」
  3. 健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車…
  4. 厚労省、健食原料の自主点検でガイドライン
  5. 抗加齢医学会、専門医認定制度スタート
  6. 健食支出、前年比4%減
  7. がん代替医療で健食を検証
  8. 悪質事業者対策強化、特商法改正案が閣議決定
PAGE TOP