ヘッドラインニュース

国セン調査、健食の危害情報が減少

 国民生活センターは2日、2006年度における危害・危険情報をまとめた。昨年度は消費生活センターから1万651件の情報を収集。内訳は、危害情報(生命や身体に危害を受けた情報)が7054件で前年度比8・3%増、危険情報(危害には至っていないが、そのおそれがある情報)が3597件で同27・6%増だった。→続きは『健康産業速報』第1150号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「4.13事務連絡」の明確化、内閣府担当室が厚労省に検討要請
  2. 森下仁丹、シームレスカプセルを一般食品用途で本格展開
  3. 07年特保市場規模、6%増の7100億円
  4. DgSに健食ブームの反動影響、今後は回復との見方も
  5. アスタキサンチン研究会が発足
  6. 厚労省 18年度予算内示 健食対策、引き続き強化
  7. 国立栄研、CoQ10情報を更新
  8. 「広告」定義逃れで薬機法違反も ショウガ等、生薬名表示はNG
PAGE TOP