ヘッドラインニュース

総務省 06年の家計調査 健食支出、前年比18%減 12ヵ月連続前年割れ

 2002年から右肩上がりに増加していた健康食品の支出額が、2006年は減少に転じ、前年比18%減となったことが、総務省が6日に発表した家計調査報告でわかった。健康産業新聞の推計では、06年の健康食品市場は前年比5.8%減の1兆2100億円。家計調査の対象は錠剤やカプセル、顆粒などサプリメント形状のものが中心で、すべての健康食品を網羅するものではないが、行政の統計からも、昨年の健食市場が縮小したことが裏付けられた。→続きは『健康産業速報』第1101号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食支出4ヵ月連続減
  2. 食品開発展レポート
  3. 厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加
  4. 「農業・食品産業技術総合研究機構」が発足
  5. 「健食被害検討会」発足へ 年内にも初会合 状況に応じ商品名公開
  6. 健康博覧会、来週22日開幕 560社・930小間で過去最大
  7. 「かき肉エキス」の日本クリニック、ダイエット食品市場に本格参入
  8. 【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響
PAGE TOP