ヘッドラインニュース

国セン、健康食品の損害相談が大幅減

 国民生活センターは5日、「製品関連事故に係る消費生活相談と製造物責任法に基づく訴訟の動向」をまとめた。それによると、2006年度の消費生活相談の総件数は110万6940件。製品関連事故に関する相談件数は1万270件で、このうち、商品の不具合により身体や財産への「拡大損害」が生じた相談件数は5339件だった。→続きは『健康産業速報』第1168号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 1248号(2008年7月25日号)配信
  2. 健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車…
  3. バイオケム、飲料用核酸の供給量が倍増
  4. 「NR協会」、27日に設立総会
  5. オリザ油化、クルミ・ニラなど新素材2品上市
  6. 04年輸入通関累計 クロレラ1500トン突破
  7. 都、キャッチセールス業者3社に業務停止命令 健食など販売
  8. 健食の原料原産地表示 農水省通知、業界に波紋 都は独自対応に着手…
PAGE TOP