ヘッドラインニュース

国セン、健康食品の損害相談が大幅減

 国民生活センターは5日、「製品関連事故に係る消費生活相談と製造物責任法に基づく訴訟の動向」をまとめた。それによると、2006年度の消費生活相談の総件数は110万6940件。製品関連事故に関する相談件数は1万270件で、このうち、商品の不具合により身体や財産への「拡大損害」が生じた相談件数は5339件だった。→続きは『健康産業速報』第1168号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労科学研究、健食の安全確保事業を推進
  2. アニュー、80種類の作物の発酵食品に注力
  3. 日本サプリメントの問題 特保全体に波及 消費者庁、全品調査を要請…
  4. エル・エスコーポレーション、新食事摂取基準準拠の混合ミネラル酵母…
  5. 13日、「食品開発展」開幕
  6. 厚労省・予算概算要求 健食対策で新規事業
  7. 国立栄研、特保の有効性情報を公開 ヒト試験の詳細も
  8. 小林製薬、薬とサプリの相互作用をデータベース化
PAGE TOP