ヘッドラインニュース

世界の健食市場6兆3000億円に

【健康産業速報1441号トップニュース】IADSA(国際栄養補助食品協会連合)は25日、健康食品の国際動向を報告する「インターナショナルワークショップ」(AIFNの主催)で、世界の健食市場が約6兆3000億円に達したと説明した。年5%前後の成長率を示し、各国が順調に市場拡大を続けるなか・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆カルシウム、中年期の摂取も重要
◆北海道、機能性食品の有用性表示制度を国に要望へ
◆ローヤルゼリーの試買調査
◆わかさ生活、医療機関向けサプリ上市
他ニュース多数!

関連記事

  1. 中医協 医療機関での栄養食品販売 解禁に向け前進
  2. 50代の2割がサプリ摂取、厚労省が初の中高年者縦断調査
  3. 米CRN調査、米国民の68%がサプリを利用
  4. アロエベラ飲料から「ベンゼン」検出 厚労省が回収要請
  5. 国セン 主婦対象に意識調査
  6. 日本ランチェスター、モズク事業で沖縄県・津堅島と提携
  7. 超党派議員連盟が初会合 健食新法制定に向け始動 情報提供のあり方…
  8. 景表法の排除命令、7%減も依然高水準
PAGE TOP