ヘッドラインニュース

米国で大豆論争が活発化

 大豆由来食品の安全性・有効性をめぐる調査結果が米国で相次いで報告されている。米国立がん研究所機関誌は5日号で、「大豆由来食品を摂取すると乳がんリスク低減に有効な可能性がある」と示すメタ分析調査結果を掲載。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 白鳥製薬、花粉サプリメント本格展開へ
  2. 政治動向、健食関連法改正に影響
  3. 協和発酵中間期、「リメイク」の売上拡大
  4. 07年版厚生労働白書 「医療重視姿勢」鮮明に 健食は「指導対象」…
  5. 東洋新薬、「紅麹」でグンゼと事業提携
  6. 健康産業速報ロゴ2 「機能性表示」で分析状況調査
  7. 内閣府 6月に規制改革要望を受付 健康食品関連も対象 今月上旬か…
  8. 07年健食市場規模 2.5%減の1兆1800億円 2年連続で縮小…
PAGE TOP