ヘッドラインニュース

米国で大豆論争が活発化

 大豆由来食品の安全性・有効性をめぐる調査結果が米国で相次いで報告されている。米国立がん研究所機関誌は5日号で、「大豆由来食品を摂取すると乳がんリスク低減に有効な可能性がある」と示すメタ分析調査結果を掲載。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 農林水産物の機能性表示 分析法等で「手順書」骨子案
  2. 特保の事前審査制度、実現厳しい情勢に
  3. 食品安全委 リスク評価候補に健食3素材 プエラリア、ニノ、メシマ…
  4. 沖縄版「食事バランスガイド」を策定
  5. NPO全健協、優良小売店の認証制度を開始
  6. 東京都、健食講習会を開催
  7. 特別用途食品制度、改正案を発表
  8. 米自然食品に“巨人”参入 アマゾン、WFMを1.5兆円で買収
PAGE TOP