ヘッドラインニュース

CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願

 千代田パラメディカルケアーセンター(=CPCC、03-5297-3112)は4月から、健康産業界に向けて郵送検診サービスと健康商材販売を組み合わせた新事業の提案を始める。郵送検診サービスと健康商材の販売を組み合わせたビジネスモデルについては特許出願中で、取得後は独占的に事業展開していく考え。

関連記事

  1. 日本新薬、健食販売の子会社が営業開始
  2. 機能性表示で特許戦争へ 「用途特許」で出願の動き
  3. 乳がん患者、多数が機能性食品を利用 阪大病院調査
  4. 厚労省、新開発食品保健対策室に「安全対策専門官」を設置
  5. 特保の7割が市販後情報を収集
  6. 政府、個人の健康情報を一元化  サプリ分野でも活用
  7. 明治製菓、「健食事業で売上500億円目指す」
  8. CoQ10等の作用検証 遺伝子発現解析で 来年にも公表
PAGE TOP