ヘッドラインニュース

CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願

 千代田パラメディカルケアーセンター(=CPCC、03-5297-3112)は4月から、健康産業界に向けて郵送検診サービスと健康商材販売を組み合わせた新事業の提案を始める。郵送検診サービスと健康商材の販売を組み合わせたビジネスモデルについては特許出願中で、取得後は独占的に事業展開していく考え。

関連記事

  1. 厚労省、健康食品など輸入加工品の自主管理指針策定へ
  2. 森下仁丹、シームレスカプセルを一般食品用途で本格展開
  3. 【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響
  4. 都講習会、「サラサラ」表示で注意喚起
  5. 「機能性表示」消費者庁、専門窓口設置
  6. 「農業・食品産業技術総合研究機構」が発足
  7. 農業白書、19年度施策方針示す 新食品開発で需要創造 健康食品の…
  8. 総医研、クリニカルトラストと資本・業務提携
PAGE TOP