ヘッドラインニュース

がん患者の健食摂取状況 アガリクスなど支持

 がん患者が抗がん効果を期待して摂取している健康食品は、アガリクスやプロポリスなど――。共立薬科大学実務薬学教授の木津純子氏が行った調査で、がん患者に支持されている健康食品が判明した。調査は、がん病棟でがん患者と接触している薬剤師を対象に行ったもので、32施設74人から回答を得た。担当診療科は内科、外科、呼吸器科、泌尿器科、産婦人科、緩和ケア科など多岐にわたっていた。

関連記事

  1. 薬学会、機能性表示食品研究 ウコン、レスベラ、CoQ10等
  2. 厚労省、健食関連の予算増加
  3. 07年特保市場規模、6%増の7100億円
  4. がん代替療法の支出額 年間9,000億円以上に 筑波大・兵頭氏が…
  5. 大阪府、因果関係不明でも健康被害情報を公表 11月から
  6. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
  7. ハウス食品、乳酸菌事業に本格参入
  8. 山之内製薬、健食販売子会社をアサヒビールに譲渡
PAGE TOP