ヘッドラインニュース

AOU研究会に200人超 新JAS、事業者にメリット

第11回Antioxidant Unit(AOU)研究会が20日に都内で開催され、200人を超える参加があった。研究会では4人の演者が登壇。農林水産省食料産業局食品製造課・食品規格室長の松本修一氏は、6月に改正された新たなJAS制度について講演。ビジネスでの活用の可能性を示した。同氏は新たなJASについて、取引の効率化・円滑化、事業者や地域の差別化・ブランド化が可能になると説明。役所主導だったものが、民間からの提案を規格化する“民間主導”の制度であることを解説した。

機能性成分を多く含むことをアピールするため、成分の統一的な測定方法を規格化することも可能。農水省では、規格化の事前相談にも対応しているという。

関連記事

  1. 日本クリニック、「牡蠣の塩」の開発に成功 ギネス申請へ
  2. 政治動向、健食関連法改正に影響
  3. 米、3割の子どもがサプリ利用 マルチビタミンが人気
  4. 世界有数の素材展に 海外の有力者が続々来日 「ビジネス交流会」も…
  5. 都、改正景表法の運用本格化 「活水器」の根拠資料要求
  6. 特別用途食品検討会、対象食品見直しで業界が意見陳述
  7. 機能性表示で特許戦争へ 「用途特許」で出願の動き
  8. 健食懇が設立20周年、記念講演会に120人
PAGE TOP