ヘッドラインニュース

AOU研究会に200人超 新JAS、事業者にメリット

第11回Antioxidant Unit(AOU)研究会が20日に都内で開催され、200人を超える参加があった。研究会では4人の演者が登壇。農林水産省食料産業局食品製造課・食品規格室長の松本修一氏は、6月に改正された新たなJAS制度について講演。ビジネスでの活用の可能性を示した。同氏は新たなJASについて、取引の効率化・円滑化、事業者や地域の差別化・ブランド化が可能になると説明。役所主導だったものが、民間からの提案を規格化する“民間主導”の制度であることを解説した。

機能性成分を多く含むことをアピールするため、成分の統一的な測定方法を規格化することも可能。農水省では、規格化の事前相談にも対応しているという。

関連記事

  1. 住商食品・カネボウフーズ、機能性ガムOEM事業開始
  2. 食品の機能表示、「一定の傾向」ではダメ  厚労省が見解
  3. エグゼ会議・福岡、サプリ法制定9割が「望む」
  4. ブルボン、特保市場に参入
  5. プエラリア健食、原植物を間違えるケースも?厚労省研究班調査
  6. 林原、会社更生手続き開始
  7. 健食新制度、有識者会議「早ければ年内に」
  8. 05年健食市場規模 4.5%増の1兆2850億円に
PAGE TOP