ヘッドラインニュース

消費者庁予算案 機能性研究に7000万円 候補にノコギリヤシ、グルコサミン等

【健康産業速報1491号トップニュース】政府は24日、2011年度政府予算案を閣議決定した。消費者庁予算案は前年比1%増の90億4000万円。新規事業の“目玉”となる「食品の機能性評価モデル事業」は7000万円とした。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆厚労省予算案、健食安全対策5800万円に減額
◆厚労省・薬事分科会、西洋ハーブOTCを了承
◆ネット通販利用者、50代女性の約4割が健食購入
◆消費者委員会、健食表示の規制強化へ検討開始
◆エーザイ、栄養機能食品を販売
他ニュース多数!

関連記事

  1. 抗疲労特保、ターゲットは「デスクワークによる疲れ」
  2. 健食成分の機能性研究始動
  3. 健康産業速報ロゴ2 森川健康堂、ローヤルゼリー初の「インフォームドチョイス」認証取得…
  4. 内臓型肥満の危険信号、「男性でウエスト85cm以上」
  5. 改正特商法を閣議決定、メール広告など規制
  6. 味の素、アミノ酸原料増産へ ブラジルに新工場建設
  7. ネット通販の利用者増加 健食支出、5か月連続2桁増 全体の底上げ…
  8. アンチ・エイジング・ライフ、「ナリネ菌」のOEM提案開始
PAGE TOP