ヘッドラインニュース

イソフラボンで大規模追跡調査、肺がんリスクが低下

【健康産業速報1504号トップニュース】タバコを吸わない女性では、血中のイソフラボン濃度が高いと肺がんにかかるリスクが低くなることが16日、国立がん研究センター研究班の大規模追跡調査でわかった。研究班は「肺がん予防のためにイソフラボンを多く摂ることを勧める段階ではない」と慎重な姿勢を取る一方、これまでにも同様の結果が示されていることから、「意義のある研究」と評価。関係業界では日本人を対象とした大規模研究により、がんに対する効果が示唆されたことで、市場活性化に期待を寄せている。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆2010年「総世帯」健食支出、前年比12.6%増
◆機能性評価モデル事業、3月上旬にも公募開始
◆日健栄協、特保の広告自主基準を改定
◆ユニアル、新規関節対応素材を上市
他ニュース多数!

関連記事

  1. TTC・今村氏、「美肌食品の特保は可能」 CoQ10等有力
  2. 京都府立医大、新規のクロレラ株を発見
  3. 目黒化工とファンケル美健、日健栄協GMP取得
  4. アガリクス安全性試験結果、年明けにも報告
  5. 通販企業、4割強が健康食品販売
  6. 「目標マイナス○kg」、根拠なければ健康増進法違反
  7. 健食表示検討会、エビデンスレベルを整理
  8. 健康被害情報、報告義務づけで条例改正
PAGE TOP