ヘッドラインニュース

健康寿命延伸へ、ヘルスケア市場創出を 経産省・江崎氏

sokuhou.jpg

経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課長の江崎禎英氏は16日、健康博覧会で「次世代ヘルスケア産業の構築と生涯現役社会の実現」をテーマに講演、医療費問題を解決するため60歳以降の”第二の社会活動”を支援する必要性に言及した。またヘルスケア市場の構築を進めるよう提言。セミナーは100人超が聴講、終了後の名刺交換には長蛇の列ができた。聴講者からは、地元でも話してもらいたい、経営計画に役立つなど反響が相次いだ。


同氏は、「最大の出生率が明日からきたとして、人口減少率が止まるのは60年後。考え方を変えなければいけない」と指摘。「40兆円ある社会保障費のうち9.9兆円が病気でない人に使われている。ヘルスケアの・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. 日健栄協のCoQ10販売後調査、2月にも報告書
  2. プロテインケミカル、国内向けグルコサミン供給量が伸長
  3. 富士化学、アスタキサンチンの血流改善作用を解明
  4. 経産省 地域資源活用促進法 健食開発事業計画を認定 「世界初のサ…
  5. NNFA-J、政府にサプリ規制緩和要請へ
  6. 機能性評価事業 「評価パネル」取組開始
  7. 産学官連携で花粉症対応の緑茶開発 来年1月から続々商品化
  8. 都調査、健食危害相談が減少
PAGE TOP