ヘッドラインニュース

健康寿命延伸へ、ヘルスケア市場創出を 経産省・江崎氏

sokuhou.jpg

経済産業省商務情報政策局ヘルスケア産業課長の江崎禎英氏は16日、健康博覧会で「次世代ヘルスケア産業の構築と生涯現役社会の実現」をテーマに講演、医療費問題を解決するため60歳以降の”第二の社会活動”を支援する必要性に言及した。またヘルスケア市場の構築を進めるよう提言。セミナーは100人超が聴講、終了後の名刺交換には長蛇の列ができた。聴講者からは、地元でも話してもらいたい、経営計画に役立つなど反響が相次いだ。


同氏は、「最大の出生率が明日からきたとして、人口減少率が止まるのは60年後。考え方を変えなければいけない」と指摘。「40兆円ある社会保障費のうち9.9兆円が病気でない人に使われている。ヘルスケアの・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)




毎週二回発行 年間74,000円、半年41,000円
「健康産業速報」の購読案内へ

関連記事

  1. 厚労省、イグサ青汁の扱いで回答 食薬区分判定は持ち越し
  2. ローヤルゼリー特保、安全性評価をクリア
  3. FDA、サプリ新成分でガイダンス
  4. 消費者庁、健食表示の取締方針 薬事法違反は厚労省へ
  5. 癌学会、28日から横浜で 健食素材の有効性発表多数 フコイダン、…
  6. 厚労省 食薬区分再検討で報告書
  7. 小林製薬、東洋新薬と合弁会社設立 健食の企画開発
  8. CoQ協、研究会に160人
PAGE TOP