注目の記事

横浜油脂、タマネギケルセチン原料をリニューアル

横浜油脂工業は、「タマネギケルセチンCP-20」について、原料を北海道産に限定し、新たにケルセチン含有量15%以上、総ケルセチン類縁物含有量20%以上で規格化した。健康食品向けに提案する。


同素材は、タマネギ外皮からケルセチン、ケルセチン配糖体、プロト・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 富士フィルム、葛の花イソフラボンの機能性表示食品
  2. ダイドードリンコ、初の機能性表示食品 ファンケルと共同開発
  3. アサヒグループHD、「乳酸菌と免疫」の関連で新知見
  4. 消費者庁、機能性表示食品の臨床試験など検証
  5. 日本曹達、結合剤「セルニー」をウコン製剤化で提案
  6. フロイント産業決算、機械部門好調で売上高9%増
  7. ロコモ認知度47%に上昇、「頭打ち」指摘も
  8. 誠心製薬、小ロット受託推進 ハード・錠剤・ゼリー等対応
PAGE TOP