ヘッドラインニュース

措置命令、13件中6件が健食 スマホ対応で情報提供倍増


消費者庁 15年度・景表法の運用状況

消費者庁は17日、2015年度の景品表示法の運用状況等を発表、措置命令は14年度の30件から13件に大きく減ったが、うち6件が健康食品だったことが分かった。15年度の調査件数は、前年度からの繰り越しが138件、新規に着手した430件の計568件(前年度は642件)。このうち景表法違反として13件に措置命令を行った。また違反のおそれがあった178件に是正措置をとるよう指導した。


措置命令は13年度45件、14年度30件、15年度13件と減少。ただし15年度は6件が健康食品となっている。違反事例を見ると、「私のダイエットはもうキツイ我慢な・・・
(詳しくは6月21日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 景表法に消費者団体訴訟制度を導入へ 健食等の被害拡大防止
  2. 厚労省の健食安全性検討会、業界団体の意見陳述を公募
  3. 患者へのサプリメント推奨へ前進 阪大院教授・伊藤氏
  4. 日健栄協、賀詞交歓会に400人
  5. 高麗人参、市場規模200億円に
  6. 応微研が債権者説明会、「プロポリスで自力再建目指す」
  7. 日健栄協・林理事長、健食安全性自主基準の一本化「必ずできる」
  8. 「乳酸菌」が採用素材トップに 3品に1品が「機能性表示食品」
PAGE TOP