ヘッドラインニュース

機能性表示食品、400品突破 生鮮食品で4品目の受理


今年度100品超、企業数127社に

消費者庁は29日、機能性表示食品として受理した7品の情報を公表、これにより受理総数が400品を突破した。今年度は3カ月で早くも100品を突破。ただ企業からは「受理までの期間が長くなり、全く読めなくなっている」との声も聞かれる。


29日に7品の情報が追加され、今年度の受理数は103品。「国産コシヒカリご・・・

(詳しくは8月30日付「健康産業速報」で)




毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。

「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 厚労省研究班 プロポリス、アロエなどの安全性確認 「発がん性なし…
  2. 消費者庁、18~19歳データで見解 「一律対象外ではない」
  3. 公取委、健食販売2社に排除命令 「デトックス」表示に規制の網
  4. 抗加齢医学会、6月に横浜で 「機能性表示」施行1年でシンポ
  5. アンチエイジング国際シンポ、「骨粗鬆症予防で抗動脈硬化」
  6. 健康博覧会、来週22日開幕 560社・930小間で過去最大
  7. 乳がん患者が利用する健食、プロポリスがトップ
  8. 【イベント】2006年10月4日、サイモン・ペットマン氏特別講演…
PAGE TOP