ヘッドラインニュース

家計調査7月、健食支出8・9%減

 今年下半期のスタートとなる7月の健康食品支出額は、上半期の停滞感を覆すには至らず、マイナス発進となったことが、総務省統計局が7日に発表した家計調査報告でわかった。前年同月比15・7%減を記録した6月の大幅な落ち込みからは若干回復したものの、4月から4ヵ月連続で前年割れとなった。→続きは『健康産業速報』第1160号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. CoQ協会が研究会、最新13演題を発表
  2. アリピュア事務局、化粧品用途解禁でα-リポ酸セミナー
  3. 日本睡眠改善協議会が発足
  4. 九州沖縄農業研究センター、カンショのルテインを分析
  5. 日健栄協、グルコン酸とウコンで規格基準
  6. アムスライフ快進撃、売上高27%増 OEM好調
  7. デグサ社、PS新素材の本格供給開始(1/24 )
  8. 経団連、「特保の事前審査制度」で再検討要請
PAGE TOP