ヘッドラインニュース

家計調査7月、健食支出8・9%減

 今年下半期のスタートとなる7月の健康食品支出額は、上半期の停滞感を覆すには至らず、マイナス発進となったことが、総務省統計局が7日に発表した家計調査報告でわかった。前年同月比15・7%減を記録した6月の大幅な落ち込みからは若干回復したものの、4月から4ヵ月連続で前年割れとなった。→続きは『健康産業速報』第1160号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健康食品の受託試験「抗加齢」の評価依頼急増 エビデンス重視に拍車…
  2. IFT、14日までニューオリンズで 「ダイジェスティブヘルス」台…
  3. 経団連、「機能性表示の規制緩和を」
  4. アンチ・エイジング・ライフ、「ナリネ菌」のOEM提案開始
  5. 食品開発展 783小間、アジア最大規模の素材展に
  6. 「健康食品に政府の規制を」 国政モニターが提言
  7. 健康博覧会レポート 27日開幕、テレビ取材相次ぐ
  8. カネカ、システインペプチド含有酵母素材を上市
PAGE TOP