ヘッドラインニュース

米成人の71%がサプリ摂取 若年層の利用拡大


1位は「マルチビタミン」

米栄養評議会(CRN)が発表した調査で、米国成人の71%(約1億7000万人)がサプリメントを摂取していることがわかった。若年層の利用が拡大している。利用率トップはマルチビタミンだった。


調査はCRNの支援の下、イプロス・パブリック・アフェアーズが8月に実施。その結果によると・・・
・・・CRNのジュディ・ブラットマンSVPは若年層のサプリ利用が拡大しているという調査結果に対し、「ミレニアム世代がどのような影響を与えるか、業界を問わず話題になっている。サプリ業界においてはますます多くの若者の健康習慣にサプリが定着しつつああることが判明した」とコメント。また、「多くの米国人が商品としてのサプリを信頼している。業界としてもサプリ産業を信頼していることは喜ばしい」としている。

(詳しくは11月18日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【間もなく終了】11月30日まで 早期割引 「受託製造企業ガイドブック2017年版」
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 「サミー」の受理、業界で話題に
  2. 国立栄研・渡邊理事長が講演 食品開発展で
  3. 健食企業、中国進出の動き加速
  4. 健康産業速報20180719 春日井製菓、同社初の機能性表示食品 GABA配合のど飴
  5. EU統一の健康強調表示、リスト作成に向け前進
  6. 都、ネット上の健食広告監視を全国に拡大
  7. 都委員会、マスコミ健康情報「不十分」
  8. ヤクルト本社、順天堂大に寄付講座
PAGE TOP