注目の記事

抗加齢協会、12月に京都で学術フォーラム

日本抗加齢協会の主催による第1回学術フォーラム「産学協創で目指すアンチエイジングライフ」が12月5~6日、国立京都国際会館で開催される。


消費者庁食品表示規格課長の赤﨑暢彦氏が、・・・

(詳しくは11月18日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【申込受付中】食品分野の用途特許に特化したセミナー・個別相談会を開催
UBMメディアでは食品分野に詳しい弁理士の先生2名をお招きし、機能性食品の開発・製造に関連する企業様に特化した特許セミナーおよび個別相談会を行います。

関連記事

  1. 坂田信夫商店、総ジンゲロール高含量のショウガを開発
  2. 15年家計調査年報、サプリ支出5%増
  3. 豆乳市場拡大、「料理への活用提案」が奏功
  4. マツモトキヨシ、機能性表示食品のスムージー売上2ケタ伸長
  5. 国セン「水素水」発表に業界反論 「納得できない」
  6. 食品産業センター、原料原産地表示で要望書 「中小企業は厳しい」
  7. 大川原化工機、乳化分散装置を開発
  8. 消費者基本計画、健食表示適正化で「制度改正の要否検討」
PAGE TOP