注目の記事

特保、日本サプリメント以外「関与成分量は適切」

消費者庁は11月29日、特定保健用食品の全品調査結果の第2報を発表、市場に流通する特保は、問題となった日本サプリメントの6品を除き、関与成分量はすべて適切だったことがわかった。これを踏まえて消費者庁は、許可後の販売状況が把握できないといった課題に対する6つの対応策を決定。販売の有無に関する年に1回の定期調査などを行う。


消費者庁では、日本サプリメントが販売していた特保6品の関与成分が規定量含・・・

(詳しくは12月2日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. ミナミ産業、大豆原料の提案強化
  2. 機能性表示223品に、山崎製パンが初受理
  3. 30日に「機能性表示」課題検討会、栄養成分で第2ラウンド
  4. ユーグレナ、クロレラサプライを5.8億円で買収
  5. 東海緑藻、クロレラ原料を拡充
  6. 消費者庁、景表法違反でココナッツジャパンに措置命令
  7. 3月に長崎で薬理学会、「機能性食品における薬理学」等
  8. 日本製粉、秋季新商品で機能性表示食品や青汁など投入
PAGE TOP