注目の記事

IHM、乳酸菌「SNK」に大腸炎疾患の炎症抑制など

IHMは、植物性ナノ型乳酸菌SNKに、免疫細胞レベルで大腸炎疾患の炎症を抑え、病理学的にも粘膜組織のダメージを軽減させる作用があることを確認した。


マウスにSNKを15日間経口投与。腸炎を誘発するデキストラン硫酸ナトリウム・・・

(詳しくは12月9日付「健康産業速報」で)


関連記事

  1. 梅丹本舗、ドーピング禁止物質含有商品で方針決定
  2. ファンケル、熊本地震受けサプリなど支援物資
  3. メタボリック、スムージーで人気カフェとコラボ
  4. 協同乳業、水素産生する乳飲料を上市 「売上5億円目指す」
  5. 16年度の健食通販売上高1%増、通販協速報値
  6. 東海緑藻、クロレラ原料を拡充
  7. IHM、植物性ナノ型乳酸菌で新知見
  8. マレーシアで「ピクノジェノール」研究報告会開幕
PAGE TOP