注目の記事

IHM、乳酸菌「SNK」に大腸炎疾患の炎症抑制など

IHMは、植物性ナノ型乳酸菌SNKに、免疫細胞レベルで大腸炎疾患の炎症を抑え、病理学的にも粘膜組織のダメージを軽減させる作用があることを確認した。


マウスにSNKを15日間経口投与。腸炎を誘発するデキストラン硫酸ナトリウム・・・

(詳しくは12月9日付「健康産業速報」で)


関連記事

  1. 健康づくり、脱落の目安は「3週間」
  2. 東洋酵素、スピルリナ好調 スムージー向け等で
  3. ファンケル、100%子会社2社を吸収合併
  4. 欧州、新規食品制度を18年に刷新 食経験は「25年以上」
  5. 米国素材を介護食に 米大使館がセミナー
  6. 備前化成、「マカエキス末」の原料・OEM供給をスタート
  7. 花王、特保「ヘルシア」の表示刷新へ
  8. マツキヨ、pbサプリ好調
PAGE TOP