ヘッドラインニュース

機能性表示食品を検証 「地域振興に」「健食のレベル向上」


機能性食品医用学会でシンポ

第14回日本機能性食品医用学会総会が10日~11日、都内で開催され、初日に「機能性表示食品制度の検証と今後の展望」と題するシンポジウムが行われた。同学会はエビデンスのある機能性食品の医用普及を目指して設立。今回の総会のテーマは「機能性食品の再評価」とした。


シンポではまず、消費者市民社会をつくる会代表理事の阿南久氏が、企業と消費者、専門家の「対話と協働」を推進していくことの必要性を説いた。同会では昨年・・・

(詳しくは12月13日付「健康産業速報」で)


関連記事

  1. 日本経団連 食品表示、自由化を再要求
  2. 通販協調査、健食含む「食料品」14ヵ月連続で前年同月上回る
  3. カテキンがアトピー性皮膚炎に有効
  4. 調剤薬局、健康食品の販売拡充
  5. ネスレ、ダイエット市場に参入 6億ドルで企業買収
  6. 日健栄協、賀詞交歓会に430人
  7. 厚労省 健食安全性検討会 健康被害情報の収集促進 第三者認証の要…
  8. 特保早くも650品に、4ヵ月で約50品許可
PAGE TOP