ヘッドラインニュース

健食受託市場、推計2900億円 本紙調査、「経営良好」は5割


「乳酸菌」「機能性表示」で活況

 16年の健康食品受託製造市況は、インバウンドの失速が響いた一方で、乳酸菌市場の活性化や機能性表示食品による需要増もあり、経営状況は5割が「良好」だったことが本紙調査でわかった。健食受託市場規模は約2900億円と推計される。


 調査は11月~12月、全国の健康食品受託企業約200社を対象に実施。80社から有効回答を得た。経営状況が「良かった」と回答した企業は48%。インバウンド需要・・・

(詳しくは12月16日付「健康産業速報」で)


関連記事

  1. 安全性第三者認証、費用など不明
  2. 常磐植物化学研究所、ラフマの抗酸化・抗不安作用を解明
  3. 農水省の地域おこし事業、機能性食品の販路拡大支援
  4. 神奈川県警、薬事法違反で健食企業社員2人逮捕
  5. 特保の審議再開が足踏み
  6. 新日本製薬、特保市場に参入 整腸対応で
  7. 2011年輸入通関統計 クロレラ減少も市場堅調
  8. 一丸ファルコス、メタボリック症候群対応の新素材「ニーム」
PAGE TOP