ヘッドラインニュース

健食受託市場、推計2900億円 本紙調査、「経営良好」は5割


「乳酸菌」「機能性表示」で活況

 16年の健康食品受託製造市況は、インバウンドの失速が響いた一方で、乳酸菌市場の活性化や機能性表示食品による需要増もあり、経営状況は5割が「良好」だったことが本紙調査でわかった。健食受託市場規模は約2900億円と推計される。


 調査は11月~12月、全国の健康食品受託企業約200社を対象に実施。80社から有効回答を得た。経営状況が「良かった」と回答した企業は48%。インバウンド需要・・・

(詳しくは12月16日付「健康産業速報」で)


関連記事

  1. 理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見
  2. CoQ10販売後調査で中間報告、重篤な健康被害なし  日健栄協
  3. 協和発酵、美容素材を拡充 魚コラーゲンとセラミド上市
  4. 経産省研究会 健康食品の活用を提言
  5. 特定保健用食品 600品目を突破 市場規模も拡大
  6. 「関与成分不明確」食品、新制度への追加議論
  7. 【速報スペシャル】 健康食品、都民に浸透 3人に2人が摂取
  8. 健食支出、11月の前年同月比 震災後初のプラスに
PAGE TOP