ヘッドラインニュース

健食受託市場、推計2900億円 本紙調査、「経営良好」は5割


「乳酸菌」「機能性表示」で活況

 16年の健康食品受託製造市況は、インバウンドの失速が響いた一方で、乳酸菌市場の活性化や機能性表示食品による需要増もあり、経営状況は5割が「良好」だったことが本紙調査でわかった。健食受託市場規模は約2900億円と推計される。


 調査は11月~12月、全国の健康食品受託企業約200社を対象に実施。80社から有効回答を得た。経営状況が「良かった」と回答した企業は48%。インバウンド需要・・・

(詳しくは12月16日付「健康産業速報」で)


関連記事

  1. 「農業・食品産業技術総合研究機構」が発足
  2. FDA、「キャノーラ油と心疾患リスク低減」表示認める
  3. 健食利用の契機、成分で差異
  4. 食品安全委、大豆イソフラボンで意見募集開始
  5. 宮城県、国産のニセ薬を発見
  6. CRN-J、会員数130社に 業界での存在感強める
  7. 日健栄協、林理事長による新体制発足
  8. 40-74歳男性、予備群含め2人に1人がメタボ症候群
PAGE TOP