ヘッドラインニュース

米商工会議所が意見書 サプリメントの規制緩和を

 在日米国商工会議所(ACCJ)は13日、サプリメントの新たな法的カテゴリーを要求する意見書を公表した。サプリメントの法的位置付けの明確化、米国並みの表示規制緩和、有機溶媒の使用許可などを求める内容で、尾辻秀久厚生労働相にも提出。ACCJがこうした意見書を提出するのは2回目になるといい、保健機能食品制度がサプリメント全体をカバーしていないとみなし、再要請に踏み切った。

関連記事

  1. がんセンター、「代替療法ガイドブック」作成へ
  2. ビタミンC価格高騰、今秋「再値上げ」の懸念も
  3. 通販企業・実態報告書 取扱商品、健食がトップ 46%の企業が販売…
  4. CoQ10健食、崩壊性等に問題ある製品も
  5. 1239号(2008年6月24日号)配信
  6. 富士バイオメディックス、美容室チェーンの無芸塾と業務提携
  7. CRN−J、健食の原材料情報書で第2報 11月に発行
  8. 果物や野菜が特保に? 政府が規制改革計画を閣議決定
PAGE TOP