ヘッドラインニュース

米商工会議所が意見書 サプリメントの規制緩和を

 在日米国商工会議所(ACCJ)は13日、サプリメントの新たな法的カテゴリーを要求する意見書を公表した。サプリメントの法的位置付けの明確化、米国並みの表示規制緩和、有機溶媒の使用許可などを求める内容で、尾辻秀久厚生労働相にも提出。ACCJがこうした意見書を提出するのは2回目になるといい、保健機能食品制度がサプリメント全体をカバーしていないとみなし、再要請に踏み切った。

関連記事

  1. 米国サプリ産業、GDPに貢献 波及効果含め13兆円に迫る
  2. 新春特別企画 健康食品2006年ヒット予測
  3. EU、ハーブの機能性表示で2年以内に見直しへ
  4. オーストラリア健食市場、2ケタ成長で850億円に
  5. 厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三…
  6. キッスビー健全食、「醗酵熟成黒にんにく」を発売
  7. リポ酸研究会が今秋発足、主要原料メーカーがスクラム
  8. 国立栄研、健食データベースの情報提供を業界に依頼
PAGE TOP