ヘッドラインニュース

米商工会議所が意見書 サプリメントの規制緩和を

 在日米国商工会議所(ACCJ)は13日、サプリメントの新たな法的カテゴリーを要求する意見書を公表した。サプリメントの法的位置付けの明確化、米国並みの表示規制緩和、有機溶媒の使用許可などを求める内容で、尾辻秀久厚生労働相にも提出。ACCJがこうした意見書を提出するのは2回目になるといい、保健機能食品制度がサプリメント全体をカバーしていないとみなし、再要請に踏み切った。

関連記事

  1. サン・クロレラ、「クロレラで母乳中ダイオキシン濃度低下」
  2. 15年度サプリ支出0.4%増 3月大幅増、プラスで着地
  3. 白鳥製薬、花粉サプリメント本格展開へ
  4. 日健栄協、「プロポリス規格基準」見直し案で説明会
  5. サン・クロレラ販売、逆転勝訴 大阪高裁「優良誤認の恐れなし」
  6. 統合医療展が閉幕、2日間で8516人が来場
  7. 総医研、新たな特保領域に「血管機能改善」
  8. カゴメ、健食ブランド立ち上げ 第1弾はリコピン
PAGE TOP