ヘッドラインニュース

通販協、「県民大調査」第2弾 健食購入、トップは三重県


全国平均額、年間1万4936円

 47都道府県のうち健康食品・サプリの通販購入金額が最も多いのは三重県で年間2万円に迫っており、最下位の宮崎県の2倍となっていることが、日本通信販売協会が12日に発表した「ジャドマ県民通販大調査」レポートの第2弾でわかった。


 調査は昨年9月にインターネットで実施。20代~60代男女を対象に、各県200人(一部の人口が多い自治体は300人)、計1万人の回答を集計した。レポート第1弾は昨年11月に公表しており、通販の年間利用総額1位は東京都で11万4025円、「スマホで通販県」1位は沖縄県であることなどを明らかにしている。
 レポート第2弾では、・・・・

(詳しくは1月13日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


【ツアー参加者募集】ナチュラルプロダクトエキスポ アメリカ市場視察
世界最大の食品・サプリメント見本市「ナチュラル・プロダクト・エキスポ」 ツアー参加者の募集を開始しています。店舗視察による市場調査・展示会・セミナーから学ぶ商品トレンド


関連記事

  1. 食事バランスガイド、達成率低く・・農水省職員でも「実践難しい」
  2. 地域健康商品の商談会、大阪で開催
  3. 農水省、ゲノム情報統合で機能性食品開発などに利用
  4. 民主党・前田議員 厚労省に健食立法化迫る 「国民のための法整備を…
  5. 日健栄協、3月にCoQ10販売後調査の中間報告
  6. 特保10品許可、合計550品突破
  7. 癌学会が開幕、クルクミンなど機能性素材で新知見続々
  8. 【速報スペシャル】「食品の用途特許」、4月以降OKに
PAGE TOP