ヘッドラインニュース

日本人の3人に1人ががんで死亡 厚労省調べ

 昨年の死亡者の3割以上が悪性新生物(がん)で死亡していたことが、厚生労働省が1日に発表した人口動態統計でわかった。がんによる死亡は1981年以降、死因の第1位となっており、昨年の全死亡者の約3人に1人はがんで死亡したことになる。

関連記事

  1. 米、抗酸化サプリの有用性議論で火花
  2. 家計調査3月 健食支出、底堅い動き 3ヵ月連続で前年上回る
  3. 健食議連42人に拡大、顧問に町村官房長官ら
  4. 農水省、ナノ化懸濁液を開発へ 栄養補助食品への利用に期待
  5. 高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記
  6. 厚労省・牛尾参事官、「健康食品の新たなあり方を摸索」
  7. 「あおばなシンポジウム」が26日に開催
  8. 健食の消費者相談 アレルギー関連で報告事例
PAGE TOP