ヘッドラインニュース

「機能性表示」消費者庁、専門窓口設置


業界団体と連携、来年度中に届出「Q&A」

規制改革推進会議の「医療・介護・保育ワーキンググループ(WG)」が2月28日に非公開で開催され、機能性表示食品制度の受理長期化問題等を受け、消費者庁が改善策を示した。業界団体との連携を強化し、専門の窓口を設置する。また17年度中に、届出に対するQ&Aを策定。これらの改善策は、6月をめどに示される政府の「規制改革実施計画」に盛り込まれる見通し。連携先の団体名は明示されていないが、健康食品業界団体の役割は重みを増しそうだ(2面に消費者庁の対応等)。


WGでは消費者庁食品表示企画課の赤崎暢彦氏が説明。受理の長期化問題については、11月に6人を増員したことで、それまで月平均で25.7件だった公表件数が60.7件と、約2.4倍になったことを報告した。差し戻しまでにかかる期間は・・・

(詳しくは3月3日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 特定健診制度の開始、都民の6割が「知らない」
  2. 和漢医薬学会レポート ウコン、イチョウ葉、プロポリスなど発表
  3. 抗酸化力の統一指標確立を目指す研究会が発足
  4. 東京都 食品情報評価委 健食報告書で意見交換
  5. 日健栄協、3社にGMP認定
  6. 日本ランチェスター、モズク事業で沖縄県・津堅島と提携
  7. アンチエイジング国際シンポ、「骨粗鬆症予防で抗動脈硬化」
  8. 高齢者特有消費、サプリ7390億円 
PAGE TOP