ヘッドラインニュース

機能性表示制度、都の危害報告で対応確認


消費者庁へヒアリング、受理品検証、追加資料請求も

消費者委員会は18日、機能性表示食品制度についてヒアリングを実施、消費者庁が買い上げ調査結果などの状況を報告した。東京都が10日に公表したアイケア機能性表示食品の危害報告事例について、委員が対応状況を確認する場面もあった。


消費者委員会は制度の導入に当たり、科学的根拠のない健康食品の淘汰など9条件を付けた経緯ある。昨年9月にもヒアリングを実施しており今回はその後の取組について報告を求めた。15年に実施した146件の分析方法の検証事業では・・・

(詳しくは4月21日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
  2. 特保の7割が市販後情報を収集
  3. 三菱商事、米国健食市場をM&Aのターゲットに
  4. JIHFS、9製品にGMPマーク使用許可(1/20)
  5. 家計調査1月、健食支出3・9%増でプラス発進
  6. 上半期台湾産クロレラ輸入量 195トンで前年下回る 各社、新市場…
  7. 食品産業、8割が経営悪化
  8. 健食の原料原産地表示 農水省通知、業界に波紋 都は独自対応に着手…
PAGE TOP