ヘッドラインニュース

東大・染谷氏ら、「活性酸素は老化に関与しない」

 東京大学大学院農学生命科学研究科の染谷慎一氏らの研究班は、老化機構に関与するのは活性酸素や酸化ストレスではなく、アポトーシス(細胞死)であることを示す研究成果をまとめた。15日発行の米科学誌「サイエンス」に掲載された。  老化の分子メカニズムはこれまで不明だったが、活性酸素による細胞障害が老化に関与するという説が有力だった。これに対し、研究班では、今回の研究成果が「これまで有力な老化機構とされてきた“フリーラジカル障害による老化説”を否定するものである」としている。

関連記事

  1. 09年の通販購入商品、健食は21.7%
  2. 伊藤園がCoQ10健食を発売
  3. 米でコンドロイチン論争、業界団体は効果を強調
  4. 神奈川県警、都内の健食業者を薬事法違反容疑で逮捕
  5. 超党派議員連盟が初会合 健食新法制定に向け始動 情報提供のあり方…
  6. DgS各社、健食売上が好調
  7. 全健協、収入大幅減で事業見直し
  8. 農水省 加工食品の表示規制 業者間取引も対象に 健食業界にも影響…
PAGE TOP