ヘッドラインニュース

東大・染谷氏ら、「活性酸素は老化に関与しない」

 東京大学大学院農学生命科学研究科の染谷慎一氏らの研究班は、老化機構に関与するのは活性酸素や酸化ストレスではなく、アポトーシス(細胞死)であることを示す研究成果をまとめた。15日発行の米科学誌「サイエンス」に掲載された。  老化の分子メカニズムはこれまで不明だったが、活性酸素による細胞障害が老化に関与するという説が有力だった。これに対し、研究班では、今回の研究成果が「これまで有力な老化機構とされてきた“フリーラジカル障害による老化説”を否定するものである」としている。

関連記事

  1. 「あるある大事典」の番組本、ダイエット情報をひとまとめに
  2. 厚労省 18年度予算内示 健食対策、引き続き強化
  3. 経産省など調査、健食ネット市場が急拡大
  4. 沖縄県物産公社、柑橘素材配合の健康飲料
  5. 日健栄協、CoQ10上限値「当分の間設定しない」
  6. 小林製薬、「杜仲葉がメタボリック症候群に有効」
  7. 健食関連出版社の家宅捜索問題、業界に波紋
  8. 6月の健食通販売上高3.9%増
PAGE TOP