ヘッドラインニュース

ビタミンC価格高騰、今秋「再値上げ」の懸念も

中国の環境規制で一部減産

ビタミンcの原料価格の値上がりが続いている。生産能力が需要を下回る恐れもあり、その懸念から輸入各社が確保に動いたことで、価格高騰にさらに拍車がかかっている。末端ベースでは、今年2~3月にかけて第1回目の値上げがあった後、先月から今月にかけて第2回目の値上げを迎えている。関係者の話によると、秋ごろさらに3回目の値上げが行われる可能性も浮上してきた。約3万トンの生産能力を持つ山東魯維社のVC(末端卸ベース・キロ当たり)は、昨年の500円台から今年春頃には900円台に値上がりしたとみられる。約2万トンの生産能力を持つ東北製薬社製のVCはは「今年秋頃までに1800円に近づくのでは」との予想もある。メーカー各社で幅があるものの、価格は平均して現在1500円前後とみられる。背景には・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

 

 

関連記事

  1. 家計調査・健食支出、4ヵ月連続で前年同月上回る
  2. 米展示会盛況 CoQ10、酵素など目立つ 大手が相次ぎ新商品投入…
  3. NNFA-J、食薬区分改正で説明会開催要求
  4. 厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ
  5. NNFA-J、新体制が発足
  6. 国セン、大豆イソフラボン健食をテスト
  7. 米サプリ成分指針、2割の企業が「対応不可」 中小撤退の懸念も
  8. 1237号(2008年6月17日号)配信
PAGE TOP