ヘッドラインニュース

栄養食糧学会、13日から都内で 健食成分の新知見続々

 日本栄養・食糧学会の第59回学術大会が13日から15日までの3日間、東京農業大学世田谷キャンパスで開催される。東京農業大学教授の荒井綜一氏が「機能性食品の未来を見つめて」と題し特別講演を行う。このほか、アミノ酸にスポットを当てたシンポジウムや、植物ステロール、カロテノイド、カテキンなどに関するランチョンセミナーを企画。一般講演は約570題で、食品成分の機能性や安全性に関連する講演が多数を占めている。

関連記事

  1. サニーヘルス、「マイクロダイエットシリーズ」46品目に拡充
  2. JT、GABA含有の新機能性飲料を発売
  3. 厚労省、栄養摂取量の年次推移公表 15年国民健康・栄養調査
  4. 一丸ファルコス、メタボリック症候群対応の新素材「ニーム」
  5. 都道府県別平均寿命 男性は長野、女性は沖縄がトップ
  6. スギ薬局とイオン、業務・資本提携を解消
  7. 国際栄養士会議、日本で初開催
  8. 09年度訪販市場、2兆円割る
PAGE TOP