ヘッドラインニュース

栄養食糧学会、13日から都内で 健食成分の新知見続々

 日本栄養・食糧学会の第59回学術大会が13日から15日までの3日間、東京農業大学世田谷キャンパスで開催される。東京農業大学教授の荒井綜一氏が「機能性食品の未来を見つめて」と題し特別講演を行う。このほか、アミノ酸にスポットを当てたシンポジウムや、植物ステロール、カロテノイド、カテキンなどに関するランチョンセミナーを企画。一般講演は約570題で、食品成分の機能性や安全性に関連する講演が多数を占めている。

関連記事

  1. 菅俣粉体工業、50種類以上の有機JAS原料調達
  2. ネット通販、健食購入率22.5%
  3. 厚労省 残留農薬新制度が大詰め 11月に告示、来年5月実施
  4. 世界初、センサー内蔵の錠剤をFDAが承認 大塚製薬の抗精神病薬
  5. 消費者委・特保調査会が初会合
  6. 厚労省 医療機関での健食販売
  7. 大豆イソフラボンの上限値問題、結論は来年に持ち越し
  8. 厚労省、ダイエット健食に新規制
PAGE TOP