ヘッドラインニュース

「軽症者データ拡大で調査事業へ」消費者庁・赤崎氏、産業協議会で講演

消費者庁食品表示企画課の赤崎暢彦課長は、26日に都内で開催された健康食品産業協議会のセミナーで講演し、23日規制改革推進会議がまとめた答申で、機能性表示食品制度の改善策として8項目が指摘されたことについての説明を行った。答申では、届出書類の簡素化を来年度中に措置するように要求。同誌は「ガイドラインそのものの見直しが必要になると思っている」と話した。なお様々な分野の規制改革を盛り込んでいる答申では、重要分野を定めた上で、事業者が負担する行政手続きコスト(申請書作成等の作業時間)を20年までに20%削減することを求めている。届出の簡素化は・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 沖縄産学官共同研究、パインアップル未利用部分から健康酢
  2. アファリエイターに警告 健食等のネット広告で不適切表示
  3. 食品安全委、疾病リスク低減特保の評価に着手
  4. JIHFS、GMPフォーラムでバリデーションを解説
  5. 大阪でメタボ対策のトライアル事業がスタート  特保も活用
  6. 「減感作療法の花粉健食、流通不可」 厚労省が見解示す
  7. 民主党、「健康食品法」の立法化検討
  8. 松翔、南蛮毛粉末の原料供給開始
PAGE TOP