ヘッドラインニュース

16年レジャー市場2%減「フィットネス」2.1%増の4480億円 サプリ販売も活発に

公益財団法人日本生産性本部余暇総研は20日、全108カテゴリーを対象とした2016年余暇市場は70兆9940億円で、前年比2%減となったことを発表した。健康意識の高まりなどで、スポーツ部門は比較的堅調。フィットネスクラブは14年以降、3年連続で過去最高を更新した。健康食品の販売も活発になっている。余暇市場全体が縮小したのは、市場規模の大きい「パチンコ・パチスロ」がマイナスだったことによるもので、このカテゴリーを除いた市場規模は前年比0.3%増と4年連続のプラス成長であるという。16年はリオデジャネイロ五輪の開催などでスポーツ部門が堅調。参加率が上昇した6種目の内、5種目をスポーツ関連が占めた。そのほか、余暇活動の参加人口上位20種目にはウォーキング(9位)、温浴施設(12位)、器具を使わない体操(16位)、ジョギング・マラソン(20位)がランクインしている。日本生産性本部余暇総研主幹研究員の志村武範氏は・・・

続きは紙面(2017年7月21日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 民主党マニフェストに「食品安全庁」構想
  2. 総医研、博報堂と合弁会社設立へ サイト通じ特保の市販後調査
  3. 大塚製薬、栄養補助食品の自販機展開開始
  4. 通販協調査、健食含む「食料品」好調
  5. CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願
  6. 大分県、薬店で販売の健食から医薬品成分
  7. ノコギリヤシ人気が急上昇  ケンコーコムランキング
  8. 消費者庁 特保表示で「Q&A」
PAGE TOP