ヘッドラインニュース

農研機構 農産物9品のレビュー 緑茶、大麦、魚、大豆など

sokuhou.jpg

届出様式の作成例を公開
機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクトを進める農研機構は、緑茶やミカンのほか、ホウレンソウや魚など9品目について、研究レビューに基づく機能性表示食品の届出様式作成例を公開した。日本健康・栄養食品協会が実施したレビューに基づき作成。届出者の責任のもと、「誰でも利用可能」としている。


9品目の概要は表のとおり。過去に公表済みの緑茶などは再レビューした。「研究・・・
(詳しくは5月31日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 北海道内バイオ産業、10年で4倍
  2. 自民党、改正特商法案「勧誘の意思確認」を努力規定に
  3. 健食成分の機能性研究始動
  4. 九州健食市場、1700億円 無店舗系5社で1000億円超
  5. 「あるある大事典」の番組本、ダイエット情報をひとまとめに
  6. 都、大学と連携し広告調査 ダイエット健食で違反の恐れ多数
  7. NARO、乳酸菌の老化抑制作用の解明へ
  8. 厚労省概算要求、健食は安全対策に限定
PAGE TOP