ヘッドラインニュース

メタボリックシンドローム、歩くほどリスク低下?

1日の歩数が多いほど、メタボリックシンドロームの有病割合が低下することが、厚生労働科学研究でわかった。主任研究者は千葉大学大学院教授の斎藤康氏。→続きは「健康産業速報」第1041号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 都、来年度予算要求 引き続き健食対策も
  2. 米IFT、「低GI値素材」が台頭
  3. 健食表示検討会、論点整理案の全容判明
  4. 東京都 都民の健康改善へ、10年計画発表
  5. 経団連、「機能性表示の規制緩和を」
  6. 都内の健食製造業 多摩地域で27施設存在 収去検査、違反は「ゼロ…
  7. 欧州食品安全機関 ビタミン等で評価報告書
  8. 味の素、アミノ酸原料増産へ ブラジルに新工場建設
PAGE TOP