ヘッドラインニュース

メタボリックシンドローム、歩くほどリスク低下?

1日の歩数が多いほど、メタボリックシンドロームの有病割合が低下することが、厚生労働科学研究でわかった。主任研究者は千葉大学大学院教授の斎藤康氏。→続きは「健康産業速報」第1041号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省、食薬区分改正案で意見募集
  2. 「健食中毒百科」が刊行 アガリクス、クロレラなど収載
  3. 16年度「家計消費状況調査」健食ネット通販9.6%増
  4. 【速報スペシャル】「食品の用途特許」、4月以降OKに
  5. 栄養ケアステーション 機能性食品販売を推進 特定健診制度スタート…
  6. 厚生労働科学研究 食品の有効性評価で前進
  7. 残留農薬の新制度 健康食品にも影響大
  8. 長野県、女性の4割が健食を利用
PAGE TOP