ヘッドラインニュース

高齢者3500万人突破 サプリ支出,65歳未満の2倍超 ネット通販の利用拡大

総務省統計局が敬老の日にちなんで17日に発表した調査結果で、高齢者世帯のサプリメント支出が65歳未満世帯の2.27倍に上ることが明らかになった。高齢者世帯のネット通販利用割合は10年で2.9倍になり、65歳未満の世帯と比べて「医薬品・健康食品」の支出割合が高いことも示された。

9月15日現在の総人口は推定で1億2671万人となり、前年から21万人減少。65歳以上の高齢者人口は推定3514万人で前年から57万人増加し、過去最高となった。総人口に占める高齢者人口割合は27.7%で、前年から0.5ポイント増えた。さらに詳細にみると、70歳以上人口は2519万人で総人口の19.9%となり、わが国の約5人に1人が70歳以上であることが分かった。なお国立社会保障・人口問題研究所の推計では日本の高齢者人口割合は、第2次ベビーブーム期の世代が65歳と以上となる2040年に35.3%になると見込まれている。

また世帯主が65歳以上の2人以上世帯の家計を分析すると…

続きは紙面(2017年9月20日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 15年の青汁市場規模 1000億円の大台突破
  2. 特保の7割が市販後情報を収集
  3. 通販協、通販利用実態報告書を発行 健食購入率は20%
  4. 1227号(2008年5月13日号)配信
  5. 健食の自主基準案、一本化に自信 日健栄協・林理事長
  6. 健康食品のバイブル本が激減
  7. ニュースキン、中国本土で直販ライセンスを取得
  8. 特保新たに7品、総研611品目に
PAGE TOP