ヘッドラインニュース

政府予算概算要求 特保見直しの可能性も

【1371号トップニュース】仕切り直しとなった2010年度政府予算の概算要求が15日出そろい、消費者庁は今年度当初予算比で2%増の92億1000万円を要求した。しかし、8月段階の要求額と比べると10%強の大幅削減となり、減額された食品表示の取り締まり行政では影響も予想される。
【主なニュース】
・日健フーズ、16日大阪地裁に破産申請
・AOU研究会に230人、分析法確立等に向け前進
・消費者庁、虚偽説明も「消費者事故」と定義
【食品開発展】ビーエイチエヌ、飲料用ツバキ種子エキスの供給開始
【食品開発展】サンライフ、着色用スピルリナの提案スタート
【食品開発展】チハヤ、霊芝や冬虫夏草などの動き活発化
他ニュース多数!

関連記事

  1. キダチアロエに抗がん作用
  2. 初の「疾病リスク低減特保」、リスク評価スタート
  3. 家計調査 健康食品の支出額 11ヵ月連続前年割れ
  4. リコム、キノコキトサンが好調
  5. 葉酸サプリ、有効性めぐり海外で論争勃発
  6. ”新油”市場が急拡大 300億円にリーチ アマニ流通量、2年で1…
  7. 16年の健食市場、1.5%増の1.2兆円に 2年連続で拡大
  8. 厚労省 残留農薬規制を説明 違反2回で輸入貨物留置
PAGE TOP