ヘッドラインニュース

米自然食品に“巨人”参入 アマゾン、WFMを1.5兆円で買収

高所得層の顧客が狙い?

健康食品市場への進出が注目される米アマゾンは16日、高級自然食品スーパーマーケットチェーンのホールフーズ・マーケット(WFM)を137億ドル(約1兆5000億円)で買収すると発表した。アマゾンは自社ブランドのサプリメントを米国で手がけるなど(健康産業新聞6月7日号「話題追跡」参照)、健康食品でも精力的な動きを見せていたが、自然食品スーパーの最大手を傘下に収めたことで、高所得層の顧客獲得にもつながると見られている。


これまでも株式市場では、WFMの買収に関する憶測が流れた経緯があり、最終的にアマゾンが射止めた形となった。

WFMは米国、カナダ、英国など466店舗を展開し、16年度の売上高が約160億ドルの高級自然食品スーパー最大手。近年は低価格の同業他社の攻勢などで業績の伸び悩みが続き、株価は2013年10月に65ドル台まで上昇したあと、昨年10月には一時28ドルを割り込んでいた。アマゾンによる買収発表後、WFM株は33・6ドルから一時43・6ドルまで上昇し、業績立て直しへの期待が高まっている。WFMのブランドは残し、ジョン・マッキーCEOも留任する。

一方、アマゾンは今年に入ってPBサプリの販売を開始。2次元コードをスマホで読み込むことにより、グルテンフリーや・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 地域健康商品の商談会、大阪で開催
  2. 民主党・前田議員 厚労省に健食立法化迫る 「国民のための法整備を…
  3. 【東京都】66%が特保等健食摂取 5割が満足、7割が実感 「機能…
  4. オージービー、日米の有機認証マーク取得サプリ上市
  5. 名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆
  6. 血糖値対応の健食市場、550億円に
  7. 日本病院会 人間ドック全国集計
  8. 「機能性表示」活用で健食輸出促進、懇話会発足
PAGE TOP