ヘッドラインニュース

米自然食品に“巨人”参入 アマゾン、WFMを1.5兆円で買収

高所得層の顧客が狙い?

健康食品市場への進出が注目される米アマゾンは16日、高級自然食品スーパーマーケットチェーンのホールフーズ・マーケット(WFM)を137億ドル(約1兆5000億円)で買収すると発表した。アマゾンは自社ブランドのサプリメントを米国で手がけるなど(健康産業新聞6月7日号「話題追跡」参照)、健康食品でも精力的な動きを見せていたが、自然食品スーパーの最大手を傘下に収めたことで、高所得層の顧客獲得にもつながると見られている。


これまでも株式市場では、WFMの買収に関する憶測が流れた経緯があり、最終的にアマゾンが射止めた形となった。

WFMは米国、カナダ、英国など466店舗を展開し、16年度の売上高が約160億ドルの高級自然食品スーパー最大手。近年は低価格の同業他社の攻勢などで業績の伸び悩みが続き、株価は2013年10月に65ドル台まで上昇したあと、昨年10月には一時28ドルを割り込んでいた。アマゾンによる買収発表後、WFM株は33・6ドルから一時43・6ドルまで上昇し、業績立て直しへの期待が高まっている。WFMのブランドは残し、ジョン・マッキーCEOも留任する。

一方、アマゾンは今年に入ってPBサプリの販売を開始。2次元コードをスマホで読み込むことにより、グルテンフリーや・・・

ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

関連記事

  1. 大正製薬、健食新ブランド立ち上げへ
  2. 都調査、女子校生の7%にダイエット食品使用経験
  3. ファンケル、医家向け健食の展開に着手
  4. 大正製薬と養命酒、健食を共同開発
  5. 「機能性表示」届出ガイドライン改正、1日からオンライン化 消費者…
  6. 健康と食品懇話会 会長に日本水産・関口氏
  7. コーデックス総会、ビタミン・ミネラルサプリ指針を採択
  8. 条件付き特保、第1号が誕生
PAGE TOP