ヘッドラインニュース

消費者委、問題ある健食の「淘汰」を

sokuhou.jpg


健食広告・特保制度で建議 消費者の声と乖離、強権的内容に

消費者委員会は12日、特保や健食に関する広告監視の強化等を含めた建議を行った。専門調査会の報告書で、有効成分が担保されていない健康食品の淘汰の可能性が盛り込まれたことを踏まえ、法改正を含めた検討を求める過激な内容。消費者庁に対し、関係省庁との協議の上、10月までに対応状況を報告することを求めた。


・・・
今回の件を議論してきた専門調査会では委員から、消費者意識調査の「質問が誘導的」との発言もあった。また消費者委は自ら12年に、約6割の消費者が健食を利用し、機能性表示のニーズが高かったとの調査結果をまとめているが、こうした実態を無視した強権的な建議に対し、業界から反発の声が上がっている。
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. バイブル本事件、史輝出版課長らに懲役求刑
  2. 乳がん患者、多数が機能性食品を利用 阪大病院調査
  3. 厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ
  4. バイブル本事件、健食販社社長ら起訴事実認める
  5. 湧永製薬、ツルニンジンの薬理作用を解明
  6. 機能性表示「溶出試験」に課題、エキスは「相当の検討必要」
  7. 厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加
  8. 【国セン】16年度相談 健食33%増、定期購入問題が影響
PAGE TOP