ヘッドラインニュース

厚労省 医療機関での健食販売

 厚生労働省は、医療機関で患者から実費徴収できるサービス内容をまとめたガイドラインを作成し、早ければ週明けにも都道府県に通知する。これにより、インフルエンザの予防接種や美容形成といった、医療行為ではあるが治療中の傷病に関係のないものについては実費徴収が可能となる。医療現場から要望があがっていた肥満治療に併用するダイエット食品の販売や、医療用栄養食品の販売については、関連法規との調整が難航していることから、引き続き検討するとしている。

関連記事

  1. 1248号(2008年7月25日号)配信
  2. 厚労省、「消除予定添加物名簿」を官報告示
  3. ”新油”市場が急拡大 300億円にリーチ アマニ流通量、2年で1…
  4. 湧永製薬、ツルニンジンの薬理作用を解明
  5. 米国健食素材ランキングまとまる
  6. 東京都 健食の安全情報を公開へ
  7. 公取委、もろみ酢の公正競争規約案を公表 来月に公聴会
  8. 旭電化工業、新本社ビルが完成
PAGE TOP