ヘッドラインニュース

厚労省 医療機関での健食販売

 厚生労働省は、医療機関で患者から実費徴収できるサービス内容をまとめたガイドラインを作成し、早ければ週明けにも都道府県に通知する。これにより、インフルエンザの予防接種や美容形成といった、医療行為ではあるが治療中の傷病に関係のないものについては実費徴収が可能となる。医療現場から要望があがっていた肥満治療に併用するダイエット食品の販売や、医療用栄養食品の販売については、関連法規との調整が難航していることから、引き続き検討するとしている。

関連記事

  1. 食薬区分で研究報告書 アオバナなど9成分検証
  2. 焼津水産、中国に子会社設立 機能性食品素材など製造
  3. 政府、個人の健康情報を一元化  サプリ分野でも活用
  4. TV通販、表示規制を厳格化へ
  5. 食品免疫学会、乳酸菌・免疫ミルクなどで新知見
  6. ロート製薬、ファーマフーズと提携
  7. 食品安全委、特保の安全性評価で新提案
  8. 厚労省の健食安全性検討会が報告書骨子案、6月に決着
PAGE TOP