ヘッドラインニュース

特保利用者、6割以上に 大妻女子大・池上氏ら調査

 全国の2,000人以上を対象に行った調査で、消費者の関心が最も高い特定保健用食品表示は「体脂肪がつきにくい」であることが、大妻女子大学家政学部教授の池上幸江氏らの調べでわかった。8月31日の「2005食育実証研究発表会」(主催・地域に根ざした食育推進協議会)でその概要を報告した。詳細は近く論文として公表する予定だという。

関連記事

  1. 「フィーバーフュー」にヒットの兆し
  2. 混合診療解禁、イチョウ葉など医薬品化の可能性も
  3. 政治動向、健食関連法改正に影響
  4. 機能性表示、今年の受理50品突破 「筋肉」「血流」など新表示登場…
  5. CoQ10販売後調査で中間報告、重篤な健康被害なし  日健栄協
  6. 食薬区分で研究報告書 アオバナなど9成分検証
  7. 食薬区分改正案で意見募集「非医薬品」に5成分追加へ
  8. α-リポ酸の誤飲による猫の中毒問題、「ヒトには影響なし」
PAGE TOP