ヘッドラインニュース

癌学会、14日から札幌で CoQ10に抗がん作用

 第64回日本癌学会学術総会「より個別的な治療を目指して」が14日から16日までの3日間、ロイトン札幌などで開かれる。2200題を超える応募があった一般演題では、化学療法に関する発表だけでなく、今回も健康食品関連の報告が多数。アガリクスや鹿角霊芝などのキノコ類を筆頭に、梅肉エキス、寒天、カロテノイド、カテキン、プロポリス、ラクトフェリン、大豆イソフラボンなどに関する発表が行われる。今回目立つのはチャーガとフコイダンについての研究。それぞれ複数の抗がん作用に関する発表がある。

関連記事

  1. 「軽症者データ拡大で調査事業へ」消費者庁・赤崎氏、産業協議会で講…
  2. 日清オイリオグループとアイロムが業務提携
  3. 通販協 ネット通販利用者の実態調査
  4. 都講習会、「サラサラ」表示で注意喚起
  5. 都健康安全研究センター ブルーベリー健食を調査 一部商品で有効成…
  6. 厚労省、成分表示方法で通知 区分記載を周知徹底
  7. 厚労省、食薬区分を改正 「EGF」等
  8. 米、3割の子どもがサプリ利用 マルチビタミンが人気
PAGE TOP