ヘッドラインニュース

癌学会、14日から札幌で CoQ10に抗がん作用

 第64回日本癌学会学術総会「より個別的な治療を目指して」が14日から16日までの3日間、ロイトン札幌などで開かれる。2200題を超える応募があった一般演題では、化学療法に関する発表だけでなく、今回も健康食品関連の報告が多数。アガリクスや鹿角霊芝などのキノコ類を筆頭に、梅肉エキス、寒天、カロテノイド、カテキン、プロポリス、ラクトフェリン、大豆イソフラボンなどに関する発表が行われる。今回目立つのはチャーガとフコイダンについての研究。それぞれ複数の抗がん作用に関する発表がある。

関連記事

  1. 日清ファルマ、CoQ10健食のラインアップ強化
  2. CRN-J、田中平三氏招き9月に勉強会
  3. リコム、メタボ対応特保申請へ
  4. 特別用途食品制度、改正案を発表
  5. 岐阜県生物工学研究所等、青柿の機能解明 特保への応用も視野
  6. 八雲香産、燃焼系サプリでエステルート本格参入
  7. NNFA、食薬区分テーマにセミナー
  8. がんセンター、「代替療法ガイドブック」作成へ
PAGE TOP