ヘッドラインニュース

厚労省・消費者庁が合同シンポ

【健康産業速報1467号トップニュース】厚生労働省・消費者庁主催のシンポジウム「健康食品と上手くつきあう方法」が1日都内で開かれ、健食の安全性・有効性や表示をテーマに、関係省庁の担当官らが今後の健食行政などについて講演した。約400人が参加した。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆8月の家計調査、健食支出5・9%増
◆製造所固有記号めぐる議論が再燃?
◆BMI高い女性で脳卒中リスク上昇
他ニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協 賀詞交歓会に約400人
  2. 家計調査 健康食品の支出額 11ヵ月連続前年割れ
  3. 「機能性表示」改善で8項目、規制改革推進会議が答申
  4. アガリクス問題、新局面に 食安委、追加試験を要求 厚労省、対応策…
  5. 厚労省、アレルギー表示義務品目にエビ・カニ追加を決定
  6. 東京都、不適正取引の取締強化
  7. ケンコーコム、通期業績予想を下方修正
  8. アピ新社長に野々垣孝彦氏
PAGE TOP