ヘッドラインニュース

厚労省・消費者庁が合同シンポ

【健康産業速報1467号トップニュース】厚生労働省・消費者庁主催のシンポジウム「健康食品と上手くつきあう方法」が1日都内で開かれ、健食の安全性・有効性や表示をテーマに、関係省庁の担当官らが今後の健食行政などについて講演した。約400人が参加した。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆8月の家計調査、健食支出5・9%増
◆製造所固有記号めぐる議論が再燃?
◆BMI高い女性で脳卒中リスク上昇
他ニュース多数!

関連記事

  1. 文科省 10年後見据え研究開発 機能性食品の有効性検証も
  2. カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査
  3. 薬学会、28日から富山で CoQ10、リポ酸等発表 コタラヒムが…
  4. 国立栄研、医薬基盤研究所と統合
  5. 特保調査会が報告書案、委員から異論 既許可製品の再審査でも紛糾
  6. 厚労省、アガリクス問題で通知
  7. D&Bフェアが開幕、早くもシトルリン健食登場
  8. EU、サプリ原料植物の安全性評価基準でパブコメ募集
PAGE TOP