ヘッドラインニュース

厚労省・消費者庁が合同シンポ

【健康産業速報1467号トップニュース】厚生労働省・消費者庁主催のシンポジウム「健康食品と上手くつきあう方法」が1日都内で開かれ、健食の安全性・有効性や表示をテーマに、関係省庁の担当官らが今後の健食行政などについて講演した。約400人が参加した。・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆8月の家計調査、健食支出5・9%増
◆製造所固有記号めぐる議論が再燃?
◆BMI高い女性で脳卒中リスク上昇
他ニュース多数!

関連記事

  1. 特商法の行政処分件数が過去最高に 健康酢で業務停止命令も
  2. 癌学会、28日から横浜で 健食素材の有効性発表多数 フコイダン、…
  3. DAGのリスク評価、がんセンターの試験結果待ちに
  4. 厚労省 1日、健食新制度で6通知
  5. CRN-J、田中平三氏招き9月に勉強会
  6. 農水省調査、「クロレラ知らない」は1%
  7. アガリクス・ブラゼイ協議会発足、会員に安全性データ取得義務付け
  8. ニチレイフーズダイレクト、「健康志向冷凍食品で初年度5億円」
PAGE TOP