ヘッドラインニュース

共立女子大・高宮氏、「カカオマスにデトックス効果」

 日本チョコレート・ココア協会が主催する国際栄養シンポジウムが21日、経団連会館で開催され、カカオマスのキレート作用やカカオポリフェノール類のダイオキシン毒性抑制作用についての講演が行われた。約350人が参加した。  共立女子大学名誉教授の高宮和彦氏は、カカオマスにキレート能や制がん作用が確認されたことを報告。カカオマスは銅、カドミウム、鉛など体内蓄積が有害とされる金属を選択的にキレートすることがわかったとした。特にベネズエラ産のカカオマスのキレート能が高いという。同氏は、カカオマスのキレート能は「デトックスという考え方からも大変興味深い」とした。

関連記事

  1. アガリクス臨床試験、国際協力も視野 厚労省研究班
  2. 大正製薬、ヤヨイ食品と業務提携へ 健食・特保など共同開発
  3. 常磐植物化学研究所、ラフマの抗酸化・抗不安作用を解明
  4. 多次元抗酸化研究会、抗酸化能の受託分析に着手
  5. 日健栄協、特保情報公開で陳情書
  6. ビタミンC価格高騰、今秋「再値上げ」の懸念も
  7. 厚労省 18年度研究で方針案 健食の安全性検証へ
  8. 通販協調査、「食料品」の伸び率が鈍化 全体の売上も減少
PAGE TOP