ヘッドラインニュース

共立女子大・高宮氏、「カカオマスにデトックス効果」

 日本チョコレート・ココア協会が主催する国際栄養シンポジウムが21日、経団連会館で開催され、カカオマスのキレート作用やカカオポリフェノール類のダイオキシン毒性抑制作用についての講演が行われた。約350人が参加した。
 共立女子大学名誉教授の高宮和彦氏は、カカオマスにキレート能や制がん作用が確認されたことを報告。カカオマスは銅、カドミウム、鉛など体内蓄積が有害とされる金属を選択的にキレートすることがわかったとした。特にベネズエラ産のカカオマスのキレート能が高いという。同氏は、カカオマスのキレート能は「デトックスという考え方からも大変興味深い」とした。

関連記事

  1. ライブドア、初の自社健食を発売 “想定外の仕事に対応”
  2. 特保の事前審査制度、実現厳しい情勢に
  3. 家計調査10月、健食支出2.5%増
  4. 特保の全品調査 約1270品 市場流通は3割未満
  5. 特保取得企業、半数は中小メーカー 中小公庫がレポート
  6. 農水省調査、有機農産物2品から残留農薬
  7. 日本コカ・コーラとカルピス、健康分野でコラボ
  8. 厚労省 健康日本21 新規目標にメタボ症候群 認知率8割目指す
PAGE TOP