ヘッドラインニュース

共立女子大・高宮氏、「カカオマスにデトックス効果」

 日本チョコレート・ココア協会が主催する国際栄養シンポジウムが21日、経団連会館で開催され、カカオマスのキレート作用やカカオポリフェノール類のダイオキシン毒性抑制作用についての講演が行われた。約350人が参加した。
 共立女子大学名誉教授の高宮和彦氏は、カカオマスにキレート能や制がん作用が確認されたことを報告。カカオマスは銅、カドミウム、鉛など体内蓄積が有害とされる金属を選択的にキレートすることがわかったとした。特にベネズエラ産のカカオマスのキレート能が高いという。同氏は、カカオマスのキレート能は「デトックスという考え方からも大変興味深い」とした。

関連記事

  1. サッポロビールとサッポロ飲料、「ホップ水抽出物」が花粉症に効果
  2. アムスライフ、自然食品販売の正直村を子会社化へ
  3. 特保、ついに700品突破
  4. 全国レベルの健食買上調査、国内初の医薬品成分を検出
  5. RJ原料相場の上昇続く 中国内需増が背景に
  6. 健全協、「健康産業全国協議会」に名称変更へ(1/24)
  7. 「規制改革実施計画」が閣議決定、「機能性表示」改善策が始動
  8. 北海道内バイオ産業、10年で4倍
PAGE TOP