ヘッドラインニュース

DgS等立入調査、虚偽・誇大広告が増加

厚生労働省は26日、平成15年度の薬事監視状況調査結果を公表した。調査は年度ごとに行っているもので、薬局やDgSなどの業態別違反状況を調べている。

関連記事

  1. 2011年輸入通関統計 クロレラ減少も市場堅調
  2. 食品産業センター、12月に食品表示セミナー
  3. 特保計689品に、疾病リスク低減型も誕生
  4. 原料原産地表示の義務化 消費者の「誤認防止」重視
  5. 西洋ハーブのOTC開発議論、本格化
  6. アスク薬品、「オリーブ葉エキスで高血圧改善」
  7. 今年の通販市場、「昨年同様の成長率に」(通販協・品川会長)
  8. 都、今春の飛散花粉数予測「昨年の2~3倍」
PAGE TOP