ヘッドラインニュース

DgS等立入調査、虚偽・誇大広告が増加

厚生労働省は26日、平成15年度の薬事監視状況調査結果を公表した。調査は年度ごとに行っているもので、薬局やDgSなどの業態別違反状況を調べている。

関連記事

  1. 2011年輸入通関統計 クロレラ減少も市場堅調
  2. ハウス食品、乳酸菌事業に本格参入
  3. 政治動向、健食関連法改正に影響
  4. 大豆イソフラボンの上限値問題、結論は来年に持ち越し
  5. 厚労省概算要求、健食は安全対策に限定
  6. 健食表示検討会、エビデンスレベルを整理
  7. スギ薬局とイオン、業務・資本提携を解消
  8. 健康被害情報、報告義務づけで条例改正
PAGE TOP