ヘッドラインニュース

産学官連携で花粉症対応の緑茶開発 来年1月から続々商品化

 産学官の研究共同体「茶コンソーシアム」は9日、記者発表会を開催、茶品種「べにふうき」に多く含まれるメチル化カテキンの抗アレルギー作用のメカニズムを解明したと発表した。研究成果を応用した製品が、来月に相次いで発売される。

関連記事

  1. 東京都、悪質事業者への立入調査を強化 警視庁OBを増員へ
  2. 家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委…
  3. 健食受託製造市況 工場建設ラッシュ続く
  4. 総医研、クリニカルトラストと資本・業務提携
  5. 白鳥製薬、花粉サプリメント本格展開へ
  6. 健食「送りつけ」2.6倍 東京都の消費者相談
  7. ビーエイチエヌ、GMP取得で受託業務強化 「3ST」を提供
  8. 通販協調査、健食含む「食料品」好調
PAGE TOP