ヘッドラインニュース

産学官連携で花粉症対応の緑茶開発 来年1月から続々商品化

 産学官の研究共同体「茶コンソーシアム」は9日、記者発表会を開催、茶品種「べにふうき」に多く含まれるメチル化カテキンの抗アレルギー作用のメカニズムを解明したと発表した。研究成果を応用した製品が、来月に相次いで発売される。

関連記事

  1. 16年度「家計消費状況調査」健食ネット通販9.6%増
  2. バイブル本事件、健食販社社長ら起訴事実認める
  3. 全健協、新春の集いに120人
  4. 1230号(2008年5月23日号)配信
  5. エゾウコギで血流改善 「ヘモレオロジー学会誌」に掲載
  6. プロポリス市場、300億円で横ばい
  7. 特保申請、記載不備など目立つ
  8. サニーヘルス、「マイクロダイエット」シリーズを大幅拡充
PAGE TOP