ヘッドラインニュース

初の「疾病リスク低減特保」、リスク評価スタート

 日本で初めて食品に「疾病リスク低減表示」を行う新特定保健用食品のリスク評価が26日、食品安全委員会でスタートした。23日付で厚生労働省がリスク評価を依頼したのは、カルシウムを強化した乳飲料「明治満足カルシウム」と、1個に430mgのカルシウムを含むプロセスチーズ「明治もっとカルシウムベビーチーズ」の2品。

関連記事

  1. 健康被害起こしたスギ花粉健食、厚労省が医薬品と判定
  2. CRN-J、10周年記念大会に150人 
  3. 脂肪排出素材で“効果アリ” リコム、「キトグルカン」の作用証明
  4. 厚労省 アレルギー表示義務品目 エビ・カニの追加を提案 23日の…
  5. 世界初、センサー内蔵の錠剤をFDAが承認 大塚製薬の抗精神病薬
  6. 国立栄研、医薬基盤研究所と統合
  7. 日本弁護士連合会 全国で「健食被害110番」 法改正の提言も視野…
  8. 食品開発展が4日開幕、国内外から注目
PAGE TOP