ヘッドラインニュース

統合医療で国際シンポ 日中韓の専門家が集結

 日本代替・相補・伝統医療連合会議(JACT)と日本統合医療学会(JIM)主催による国際シンポジウム「日中韓で統合医療を考える」が4,5の両日、東京大学で開催され、2日間で延べ約250人が参加した。大学関係者や医師などの専門家のほか、韓国からの代表団など、海外からの参加も目立った。→続きは本紙で!

関連記事

  1. ミツバ貿易、沙棘ストレート果汁の供給開始
  2. カルシウムの疾病リスク低減型特保、食品安全委の評価不要へ
  3. 東海漬物、健食市場に本格参入
  4. 16年度、コラーゲン供給量2.5%減 ゼラチンは2%増、5年連続…
  5. 明治製菓、「健食事業で売上500億円目指す」
  6. サニーヘルス決算、売上高147億円で苦戦
  7. 主要国、表示規制を一本化
  8. 日油、機能性食品の新工場を竣工 健食OEM事業を強化
PAGE TOP