ヘッドラインニュース

混合診療解禁、イチョウ葉など医薬品化の可能性も

 厚生労働省は、混合診療の一部解禁を受け、国外(米・英・独・仏)で使用されている日本では未承認の医薬品で、治験を行う必要性があるとみなしたものについて、「保険診療との併用が可能となる」との見解を示した。

関連記事

  1. 厚労省、規格基準型特保の拡充検討
  2. 厚労科学研究、アガリチンの解明進む
  3. 内臓型肥満の危険信号、「男性でウエスト85cm以上」
  4. カネボウ、健康食品の通信販売をスタート
  5. ケンコーコム、アイスタイルとアフィリエイトパートナーシップ締結
  6. 日本予防医薬、抗疲労特保を申請
  7. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  8. 米DgS、3大チェーン体制に
PAGE TOP