ヘッドラインニュース

混合診療解禁、イチョウ葉など医薬品化の可能性も

 厚生労働省は、混合診療の一部解禁を受け、国外(米・英・独・仏)で使用されている日本では未承認の医薬品で、治験を行う必要性があるとみなしたものについて、「保険診療との併用が可能となる」との見解を示した。

関連記事

  1. 健康素材展「HiE」、430社が出展
  2. アピ創業100周年、野々垣孝彦新社長就任も祝う
  3. 上海でCPhI等 ヘルスケア展示会集結
  4. 健康被害情報、報告義務づけで条例改正
  5. 厚労省 アレルギー表示義務品目 エビ・カニの追加を提案 23日の…
  6. 経産省 地域資源活用促進法 健食開発事業計画を認定 「世界初のサ…
  7. 第5次食薬区分 改正時期は「未定」
  8. 「機能性表示」成分検討会 関口氏、糖質等の追加要望
PAGE TOP