ヘッドラインニュース

アガリクス臨床試験、国際協力も視野 厚労省研究班

 日本補完代替医療学会は5日、アガリクス研究のプレスセミナーを都内で開催、ハーバード大医学部マサチューセッツ総合病院がんセンターのジェームズA・タルコット博士が、「担子菌アガリクス・ブラゼイ・ムリル摂取における効果の評価」と題し、アガリクスを摂取している782人に対するアンケート調査の結果を報告した。→続きは『健康産業速報』第1176号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. JAS法「指針」の運用改善
  2. 家計調査10月、健食支出2.5%増
  3. NNFA−J、GMPプログラムを新機関に譲渡
  4. 日健栄協・特保講習会、「食安委の報告書に違和感」
  5. 原料原産地表示で異論噴出 消費者・事業者に「メリットなし」
  6. 厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三…
  7. 日健栄協、新特保制度でQ&A集
  8. 医療関係者の7割、患者の健食摂取で「中止促すケースも」
PAGE TOP